トップ  >  現存22五重塔の紹介  >  ●広島 明王院五重塔
広島観光 五重塔 国宝 明王院

五重塔ランキング


国宝 明王院五重塔 
(みょうおういん ごじゅうのとう)

国宝五重塔 9塔のひとつ

広島明王院五重塔

所在地 : 広島県福山市草戸町
高さ  : 29.1メートル
建築年 : 南北朝時代 1348年

 明王院は、広島県福山市西部にあり、現存の五重塔でも5番目に古い塔である。

初層中央の仏壇には大日如来、不動明王、愛染明王が安置。柱や周囲の壁面には金剛界37尊が描き極彩色を施している。内部の公開は33年に一度の機会しかない。
次は2024年の予定。

明王院五重塔の建築は、純粋な和様建築の雄大な建築といわれている。

五重塔の前に流れている芦田川には、日本のボンベイと言われている町が埋もれてしまった「草戸千軒町遺跡」があることは意外に知られていない。
 

明王院についてもっと
明王院をたずねて(探訪記)
 

 

 

日本三名塔


国宝 法隆寺五重塔

国宝 醍醐寺五重塔

国宝 瑠璃光寺五重塔

五重塔ランキング

 

 

 

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:128 平均点:5.39
前
●奈良 興福寺五重塔
カテゴリートップ
現存22五重塔の紹介
次
●広島 明王院五重塔をたずねて